雑記

LAMY2000が故障or使いにくい時にするべきコト

こんにちは、ケツ毛ドラゴンです。

僕も愛用しているLAMY 2000

この記事を読んでくれている皆さんの中にも愛用している人、もしくは興味がある人は多いのではないでしょうか。

今回はそのLAMY 2000のちょっとしたトラブルや、「なんか使いにくいな~」と感じたときに試してみるべき事をご紹介いたします。

LAMY 2000とは

ラミーLamy)はドイツハイデルベルクに本社を構える筆記具メーカー。製品のブランド名は「LAMY」。現在の社長は、創業者カール・ヨーゼフ・ラミー(Carl Josef Lamy)の息子であるマンフレート・ラミー(Manfred Lamy)。

Wikipediaより

続いてこちらもどうぞ

特徴

デザイナーの豊かな創造性の実現を重視する製品づくりを進める。ラミー社の有する製作技術がこれを可能にしている。例えば「LAMY 2000」シリーズは、ボディのつなぎ目が一見してわからないほど表面加工の工作精度が優れており、デザイナーの細部にまで及ぶ美意識を満足させている。 ラミー社は、技術力の維持・強化のために、ドイツ国内における自社生産にこだわっており、部品の製造の大部分とすべての製品の組み立てを、社外に委託せずにハイデルベルク市内の自社工場で行う。途上国の安い労働力を使うことが不可能になるが、そこは徹底した生産ラインのオートメーション化で補っている。

Wikipediaより

LAMY公式ホームページはこちら

 

概要としてはこんなところです。

見た目の美しさについては今更僕が言及するまでもないでしょう、とても素晴らしい製品を提供している会社さんですね。

 

ちなみにLAMY 2000シリーズは万年筆、シャープペンシル、一色ボールペン、4色ボールペンと複数ラインナップがあり、更には本体の材質がステンレスや木材を使ったものまであるので実際は多くの型番が存在します。

これから購入する方は注意してください。

僕は一回間違って4色のつもりが1色のボールペンを買ったことがあります。

すべて見た目は同じですが、この記事では日本で最も普及していると思われる4色ボールペン、LAMY 2000 L401についての記事となりますのでご注意くださいませ。

 

以下は確実なLAMY 2000 L401本体の商品ページです。

【1000円OFFクーポン配布中】【あす楽対応可】ボールペン 名入れ ラミー 4色ボールペン LAMY 2000 複合筆記具 多機能ペン 複合ペン ブラック L401

症状別の改善方法

さて、ここからが今回の記事の本題です。

LAMY2000で頻繁に起こりうるトラブル別に、対処方法をご紹介していきたいと思います。

ノックが渋い、抵抗がある、異音がする

これは一番ありふれた症状かもしれません。

直しようがない破損をのぞき、原因はボールペンの芯が差し込み口から少し抜けてきてしまっていることです。

まずは中身をみてみましょう。

本体下部を回して取り外します。

4色の芯がホルダーに差さっている姿が出てきます。

そこで見てみると・・・・

こんな風に一本だけ抜けて出てきていることが非常に多いです。

ほんのちょっとだけ出てきてしまうだけで、ノックしたときに他の芯や先端キャップと干渉してしまい、それがノックしたときの抵抗感、異音の原因となるのです。

これは簡単に直すことができます。

ホルダーは変形しやすい素材でできている為、無駄な力はいれずにしっかり本体を押さえつつ優しく押し込んであげればOKです。

これで完了です。

この方法で改善しない場合、もっと根幹にある難しい故障や初期不良かもしれません。

保証などを確認のうえ、販売元などに問い合わせてみましょう。

ちなみにお気づきの方も多いと思われますが、僕もボールペン芯はLAMY純正のものではなく他社の替え芯を使用しています。

リフィル(替芯)は4Cという多色ボールペン用の芯規格です。

調べるのが面倒な方、よくわからない方の為に以下にド安定の間違いないリフィルの組み合わせをあげておきます。

三菱鉛筆 ジェットストリーム PRIME用 替え芯 SXR-200-07/0.7mm組合せ自由(黒・赤・青)セット 送料無料
created by Rinker
¥2,200 (2019/11/14 21:40:47時点 楽天市場調べ-詳細)

芯が0.5がお好みの方はこちら↓

三菱鉛筆 ジェットストリーム PRIME用 替え芯 SXR-200-05/0.5mm組合せ自由(黒・赤・青)セット 送料無料

ジェットストリーム芯の4C規格には緑がありません。

なので緑のみ更に他社の替え芯を用意する必要があります。

PILOT パイロット 油性ボールペン替芯 アクロインキ 細字0.7mm BRFS-10F【メール便可】 全4色から選択
created by Rinker
¥88 (2019/11/14 21:40:47時点 楽天市場調べ-詳細)

色が選択できるのでかならず緑(グリーン)を選ぶのを忘れないようにしましょう。

芯がすぐ抜ける、ゆるくて抜けてきてしまう

これは前項で述べたノック時の症状にも関係があります。

『抜けてきたのを差し込みなおすことで改善された、それはいいけど頻繁に抜けてきてしまう!どうにかならないのか!』

こういった方も多いのではないでしょうか。

まさに僕もこの症状に悩まされていました。

原因としましては芯ホルダーの差込口が、長年の使用により開いてしまってきていて締まりが悪くなり抜けやすくなってしまうことです。

また、製造時のホルダーの寸法精度バラツキ、替え芯の寸法精度のバラツキなどでも起こりうる症状です。

改善方法はホルダーに力を加えてあえて変形させ、締まりを良くすることです。

では説明していきましょう。

まずは例のごとくキャップを外します。

続いてすべてのリフィルを抜いていきます。抜かないと作業性がとてつもなく悪くなる為です。

抜くときは抜くホルダーが飛び出てくるようにノックしておきましょう。

そのまま引っ張るとバネごと伸ばしてしまうからです。

面倒くさいですが一本一本ノックしてホルダーが見えるようにしてから抜いていきます。

それから締まりが悪い問題となっているホルダーがどれなのか覚えておくようにしましょう。

ホルダーからリフィルを抜いたら、今度は締まりが悪い例のホルダーをノックして突出させます。

その状態で作業台など水平でかたい台にホルダーだけをのせ、上からハンマーなどで叩くことで締まりを良くするという訳です。

ただし、力加減にはものすごく注意してください。

これはどんな金属を用いているのかはわかりませんが、簡単に形を変えられる程度にはやわらかい素材です。

僕は力を入れすぎて最初に楕円形にしてしまいました!

ですが、やわらかいので今度はそれを縦にして叩けば簡単に元に戻せます。

なんとか無事に直すことができたという訳です。

リフィルを抜き差ししながら最適な締まり具合になるように叩いて調整し、締まりすぎず簡単には抜けない具合を見つけましょう。

いくら修正が効くといってもあまりにひどい変形を繰り返すと金属疲労で破断する恐れがありますので、くれぐれも慎重に作業してください。

目的の色に合わせにくい、ズレている

これは気づけば簡単な作業です。

まずLAMY 2000 L401の色を変える仕組みはみなさんご存知ですよね。

本体上部に赤・青・緑・無色のゾーンに綺麗に配色されたリングがあるのですが、これを目的の色が赤なら赤に塗られている部分を真上にむけてノックすることで、赤の芯が出てくるという仕組みです。

※この記事では色合わせに使うこのリングを『色合わせリング』としてお話させていただきます。

おそらく重力によって動くシャフトか何かが、その位置にある芯を押し出す仕組みなのでしょう。なので本体を振るとカラカラという音がします。

さて、問題はこれが真上に向けても隣の色が出てきたり、上ではなく少し斜めにしないと目的の色が出なかったりする場合です。

まずリフィルの差し間違い。

これを確認し間違いがない前提で話を進めていきます。

なぜ色合わせでズレが生じてしまうのかと言いますと、色合わせにつかう目安となるリングの位置がズレてしまっているからです。

リフィルの方がズレているワケではありません。

では何故ズレるのか?

それはこの色合わせ用のリングより上の部分は、回して取り外し可能なパーツだからなのです。

実はここがネジになっていて回せる。

この部分をまわすと色合わせのリングも一緒に回りますので、つまりはそれがズレにつながるという訳なんですね。

ちなみに回し切って外すとこんな感じになります。

では実際に色合わせのズレをどう直していくか説明していきましょう。

まず見てほしいのが芯の位置と色合わせリングの理想の位置です。

断面図

外周の色合わせリングの位置はこれが理想です。

逆にこれがズレていると目的の色が出にくくなります。

これに合わせていく作業となります。

まず基準とする色を決めます。

ここでは青で合わせることにしましょう。

下部キャップを外した状態で、青のリフィルが真下にくるように持ち、逆に色合わせのリングの青部分が真上にくるように回して調整します。

上のように正面から見ながらリングの位置をあわせていきます。

調節は必ず正面から芯の位置を確認しつつ、リングの色が正反対にくるようにしましょう。

これでバシッと色の位置がキマるようになります。

クリップの上部分のヒビ・割れ対策

今度は一番脆い、クリップ上部の樹脂部分の割れ・ヒビの対策です。

まず僕のLAMYをご覧ください。

ご覧のとおりバッキバキに割れが入っています。

実はこの部分は非常に脆いうえ、とても負荷がかかる場所なんです。

原因はクリップの固定方法。

上部のネジを外してみるとよくわかります。

ここを外すと色合わせのリング、クリップも外れるようになります。

リングは引き抜かなければはずれませんが、特にクリップは簡単にはずれてしまいます。

この上部パーツ自体をネジで本体に取り付けるときに、リングが一緒に締め上げられて、クリップが挟み込まれることで固定される仕組みになっているんです。

つまり締めた力がリングを伝わり、クリップを伝わって樹脂にかかっている。

そしてクリップの上部に負荷がかかるということです。

これがここが脆く割れやすくなっている理由というワケです。

では早速直していきましょう。

幸い僕のモノはまだ完全に破断してしまったワケではなく、かろうじてつながっている状態です。

この亀裂に接着剤をつけて接着してみようかと思います。

まずはクリップやリングを外して余分なものを外します。

作業性向上や、誤って接着してしまわないようにする為です。

当たり前ですが本体についたまま接着もダメです。

ノックするシャフトと接着してしまい大変なことになります。

準備ができたら亀裂に接着剤を流し込めるよう破断しない程度にギリギリまで広げちゃいます。

この亀裂部分にのみ少量塗布するようにしましょう。

つけすぎるとクリップが入らなくなったり、圧着するときに接着剤がはみ出てきてせっかくの美しい外観を損ねてしまいます。

塗布したら圧着させます。

不器用なので手や指に接着剤付きまくってます。

圧着させた瞬間にハミ出てきた接着剤はティッシュなどで素早くふき取ります。

できれば乾燥後も無色なままの接着剤を使用するのがベストでしょう。

最近の瞬間接着剤ならすぐ乾いてしまいますが、不安な人は24時間ほど置いてから組み立てれば完成です。

乾く前に組み立ててしまうとクリップやリング、シャフトなども接着されてしまいます。絶対に注意!

まとめ

以上、僕がLAMY2000を数年使って得た知識をもとにトラブルの対処方法をご紹介させていただきました。

逆にこれ以外のトラブルは僕も知らない領域ですのでぜひ教えていただけると嬉しい限りです。

こだわりの逸品を長く使うというのは、とても楽しく気持ちのいいことですよね。

良き相棒の故障であきらめる前に是非この記事を参考にしてみてください。

【1000円OFFクーポン配布中】【あす楽対応可】ボールペン 名入れ ラミー 4色ボールペン LAMY 2000 複合筆記具 多機能ペン 複合ペン ブラック L401

惚れぼれ文具 使ってハマったペンとノート/小日向京【1000円以上送料無料】
created by Rinker
¥1,650 (2019/11/14 10:15:32時点 楽天市場調べ-詳細)

文房具屋さん大賞2019【電子書籍】[ 文房具屋さん大賞2019 ]
created by Rinker
¥913 (2019/11/14 10:15:32時点 楽天市場調べ-詳細)